東海カイロオステ院 > トピック > コラム > 起立性調節障害と自律神経の関係

起立性調節障害と自律神経の関係

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年9月25日

カテゴリ

思春期に多い起立性調節障害
20歳くらいで治ると言われていますが
改善際ない人もいらっしゃるようです。

この病気も、自立神経の異常が原因です。
特に、めまいや頭痛など
起立性調節障害以外でも起きる症状については
治まらないことが多いように見受けられます。

めまいは、鎖骨のゆがみによる神経の圧迫で
頭痛は、首の骨のゆがみによる神経の圧迫で
起きる恐れがあります。

骨を矯正する事で改善しています。

 

東海カイロオステ院
http://chirooste.com/


住所:愛知県春日井市八事町2-133-1
TEL:0568-57-0225
フリーダイヤル:0120-0568-22

お問い合わせはこちら